mandy.comに関して

mandy.comというのは、映像業界の求人情報サイトで、僕が2002年くらいにLAで活動していた時も盛んでした。特にインデペンデント系、超低予算企画、そしてもっとも多いのが学生映画が、スタッフを恐るべき低いギャラで求人することができるサイトです。

応募する側は、自分のポートフォリオを登録できたり、自分が登録しておいたカテゴリ(僕の場合はArt Department)の求人が出たときに自動でお知らせメールが届いたり、といったサービスもあります。求人範囲はアメリカ全土に及んでいるので、自分の住んでいる地域で絞込検索することもできます。

僕のこのサイトに関する感想としては、一度は皆が通る道だけれど、ここに長居するとよくないな、というものです。

僕も、学校を卒業したての時や、在学中も、ここでよく仕事を探していました。ほとんどの求人がNo Pay(ギャラなし)条件での求人ですが、経験を積みたかったり、ネットワークを構築したかったりする学生や学生あがりにとっては、とても便利なサイトでした。ここで見つけた求人に対して、自分のレジュメを送り、返事が来たら面接に言って、自分のデザイン画などを見せて、気に入ってもらえたら現場でに呼んでもらえる、という仕組みです。

日本人にとっては、面接を受けに行くだけでも勇気がいることでしたが、僕はこれを物凄い数こなしていたので、ここで、当たって砕けろ、というか、そういう精神をすごく勉強できたと思います。

僕は在学中からこのサイトを利用して、たくさんの学校外での撮影に参加していましたが、卒業後は、このサイトは、もう必要ないかな、と感じるようになりました。

大きな理由は、お金にならないことです。自分がどんなに頑張って働いで、絵を描いて、精神をすり減らして撮影に参加しても、一銭ももらえません。

もうひとつの理由としては、このサイトを通して参加した撮影で、自分のことを認めてもらったら、次はそこで知り合ったスタッフから自動的に仕事がもらえるので、もうmandy.comは必要なくなるからです。そして、知り合いからもらえる仕事のほうが、mandy.comで見つけた見ず知らずの人とする仕事よりも、ずっと大切で、楽しく、そしてお金ももらえるからです(この時点で、自分にお金を要求するだけのスキルがなければいけませんが)。

数か月、長くて半年くらいでしょうか、一人のクリエイターがmandy.comを利用するべきなのは。僕の感覚ではそのくらいです。

[amazonjs asin=”4844362275″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”クリエイティブ業界を目指す人のための ポートフォリオ見本帳”]