デザイン画を描くためのアートマーカー、インクなど

先日こちらの記事で紹介した、AFIの学生映画のために、デザイン画を描きました。LAに来てちょうど2週間で、試し描きにはちょうどよかったと思います。

画材はほとんど日本から持ってきましたが、テーブルはこっちで買ったものだったし、マーカーのケースもすでにHOME DEPOTで買ってきたり、A3のプリント+スキャンができるプリンタも買って、柵が環境が整っていたので。

IMG_1889マーカーのケースは、いろいろと試行錯誤の結果、HOME DEPOTに売っていた、細かいビスなどのパーツを、縦にして置けるケース。箱のひとつひとつが少し斜めになっていて、ペンを入れたときにすこし斜めになる感じも、マーカーのケースにはぴったりでした。しかも、縦に積みあがっているというのが、デスクの上のスペースをとらずに快適です。インクとかは収まりが悪いのですが、それはそれで、何か別の方法をあとで考えることにします。

スケッチブックは日本から持ってきていましたし、定規やブラシ、パレットなんかも日本からカバンごと持ってきていたので、こっちではあまり買い足していません。

どこで画材がそろうかのチェックのために、こちらのアートストアには既に何回か足を運んでいました。僕が留学時代はArt Storeというお店がマーカーの揃い具合では一番でしたが、今はこの店がBLICKというお店に名前が変わっていました。相変わらず僕の大好きなPrismacolorのアートマーカーが置いてありましたが、それよりも安い、Blick Studio Markerというのを独自に開発して置いてありました。何本か買って試してみましたが、とても快適です。PrismacolorとBlick Studio Markerの比較は、この記事の一番下に書いておきますね。

僕はマーカーとあわせて、アクリルインクも使います。色のグラデーションや、すでに彩色した場所に明るいハイライトをつけたりする時に必要だからです。空とか地面とか、黒ベタとか、マーカーでひたすら彩色するのは面倒くさいし、質感も出せないし、何よりマーカーのインクがもったいないので。

Liquid Acrylicも、Blick’sにたくさん置いてありました。が、最近発見したクラフトショップ、Michael’sの方が、安くで手に入ることがわかりました。アクリル絵の具なんて、そんなにクオリティ高くなくていいし、どうせ調色するので、何段階も色味がなくていいし、絵の具の質感がクオリティを左右するような絵は描かないので、安くて、透明or不透明が選べればそれでいいのです。ブラシも、高級なのは必要なくて、いろいろまとまって20本で5ドルとかの、使い捨てできるようなので十分です。その点でMichael’sはベターです。WP_20140828_21_09_51_Pro

場所的にはマリナからだとSanta MonicaにあるBlickの方が近いのですが、SawtelleにあるMichael’sもそんなに遠くはないので、今のところはMichael’sかな、と。

▼僕はWacomのINTUOUSを使っています。これがないと、仕事になりません。

PrismacolorとBlick Studio Markerの比較

これは、完全に個人の好みによりけりだと思います。逆に言うと、差はほとんどなく、個人の好み以外で大きな差がつく部分はないと思います。以下は僕個人の感想です。

色の広がり、鮮やかさ、質感はPrismacolorの方が高級感があると思います。細い方のtipの操作感はほぼ同じですが、太い方は、見た目から形が違っています。Prismacolorの方が、少し丸みを帯びているので、ペンの傾きを調節することによって、様々な幅の線が引けます。それに比べてBlick Studio Markerはニブが固く、角ばった形をしているので、一定の太さの線を引くのは簡単ですが、太さの調節をするのが、少し融通がききません。ペンをさっと払った時にできる、線が細くなっていく感じとかは、Prismacolorの方がきれいに出ます。Blickだと、だんだん線が細くなるというよりは、線が途中で終わる感じです。これは、描く絵の内容によってどっちがいいか、好みが分かれるところだと思います。

僕の絵を描く目的としては、ラインがくっきり、はっきりしていた方がいいので、Blickのtipの形の方が、好きです。

そして何よりも、値段がPrismacolorよりも安いことを考えると、これからは、完全にBlickで十分だな、と思いました。日本ではPrismacolorが売っていなかったので、ずっと仕方なくCOPICを使っていましたが、これでやっと、自分好みのマーカーを使うことができます。僕は漫画やイラストを描くのが仕事ではないので、COPICのソフトな感じが、どうもなかなか馴染めなかったのです。

僕はここ数年はLenovoのノートPCを使っています。最新スペックを積んで、1~2年で買い替えています。

[amazonjs asin=”B000MRWH3O” locale=”JP” title=”Too コピック スケッチ 144色セット”]