Marina del Reyというロケーション

2月に一時的にLAに旅行した時に、Marina del Reyのアパートはすでに契約していました。

ロサンゼルスに来ようと決意した時は、はっきりいってこんなラグジュアリーなところに住む気はなかったのですが、嫁のことも考えて、今後もあまり引っ越しを繰り返したくないと思ったら、最初からちょっと頑張って、家賃が高くても、長く住める、心地よいところに住もうと決めたのです。

これは、住んでみての感想ですが、やはり海が近いのは、海好きの自分としてはとても快適です。特にビーチに毎日遊びに行くことはないですが、海を近くに感じるだけですごく気分がよくなります。近隣の景色も美しく、自宅に車で帰ってくるだけで気持ちよくなります。このブログのタイトル部分の画像もMarina del Reyの景色です。こういう景色が、本当に自分のアパートのすぐ目の前に広がっているという贅沢は、とても心地よいものです。

気温も、LAのダウンタウンや、撮影所が集中しているValleyに比べると、断然低くて涼しく、風が気持ちよく、過ごしやすいです。

Santa MonicaやVeniceに比べると、よりFreewayに近いのも便利です。Marina del Reyの町は、小さいですが道路がよく計算されていて、銃多雨する道路を通らなくてもFreewayに乗れたりするアクセスのよさも、とても便利です。ともすればLincolnやWashingtonなんか、渋滞中には一瞬たりとも触れたくない道ですが、Marinaの住人は、そこを通らなくてもいいように、きちんと考えられていると思います。

[amazonjs asin=”447801664X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”日本を脱出する本”]